薬剤師キャリアデザインナビ

薬剤師にとってのキャリアデザイン

薬剤師の職場は薬局から病院、ドラッグストアなど多様にありますので、状況に合わせて柔軟にキャリアデザインしていく必要があります。転職はその手段の一つですので、上手にキャリアアップさせていきたいものです。

薬剤師の転職に特化したリクナビ薬剤師なら、あなたのキャリアプランを専任のコンサルタントがマンツーマンでサポートしてくれます。わからないことや不安なことも解消できますので、薬剤師の転職には必須のサービスと言えるでしょう。

薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師はひとりひとりの薬剤師の事情に合わせた転職のサポートを行っているのが魅力です。求人も3万5000件を超える非公開求人を揃えており、キャリアデザインにあった職場探しに役立ってくれます。プライベートの充実はもちろん、キャリアアップの環境に恵まれた職場など幅広く取り扱っているのも魅力です。カウンセリングを通してコンサルタントがひとりひとりの強みを多角的に分析するのでキャリアデザインそのものにも役立ってくれるでしょう。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師は知名度・ブランドイメージともにトップクラスの薬剤師転職サイトです。とくにコンサルタントのサポートの充実が高く評価されており、カウンセリングも活用しながらひとりひとりの適性や希望に合った求人を紹介してくれます。キャリアデザインの相談・アドバイスも行ってくれるので将来を見越した職探しにも役立つでしょう。しかも求人情報からは見えてこない職場の内部市場も教えてくれるので定着しやすい職場を探していくことも可能です。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
2012年度には薬剤師の転職サイトの中で登録者数ナンバーを記録した薬キャリは薬剤師ひとりひとりの理想の働き方を実現することを目的に充実したサポート体制を整えています。プライベートの充実や高収入はもちろん、将来を見越したキャリアデザインを考慮したうえで理想の職場探しを行っていくことができます。大手企業はもちろん、地域密着の企業や施設からの求人も数多く扱っており、キャリアとワークライフバランスをうまく組み合わせたキャリアデザインのもとでの職探しも可能です。コンサルタントによる職場の内部事情の提供も役立つでしょう。

ヤクステ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ヤクステにはヘッドハンティング出身のコンサルタントが多数在籍しているのが大きな特徴です。人材のプロがひとりひとりの薬剤師の希望に合わせた求人情報の紹介を行うほか、その人の適性を見極めたうえで最適な求人の提案も行っています。プロの観点からキャリアデザインのアドバイスも行ってくれますから、待遇や給料だけでなく、将来を見据えたうえでの求人探しを行っていくことも可能です。3万件を超える非公開求人も理想の職場探しに役立つでしょう。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフには80名もの薬剤師専任のコンサルタントが在籍しているので、求人情報の提供はもちろん、カウンセリングや面接対策、職務経歴書の作成など幅広く転職活動のサポートを行ってくれます。あらかじめ将来のキャリアデザインを相談しながら築いた上で求人探しを行っていけば5年後、10年後に確実にキャリアを積み重ねることができる職場を見つけることができるでしょう。7万件を超える豊富な求人から探していける点も魅力です。

薬剤師がキャリアデザインするための転職サイトランキング

これからの薬剤師にはキャリアデザインが必須といわれています。資格さえ持っていれば働き口に困らない、といった考え方は通用せず、将来を見越した上で綿密なキャリアデザインを組み立てていかないとキャリアが途中で中断してしまったり、思うように年収アップ・キャリアアップができないケースも出てきます。

薬剤師にキャリアデザインが求められるようになった背景には需要の増加・多様化が理由にあります。かつて薬剤師の就職先といえばもっぱら調剤薬局か病院で、業務内容は医師の処方箋に基づいた調剤と服薬指導でした。これなら転職をしたとしても同じような仕事を担当することが多くキャリアの継続も容易でした。しかし現在ではさまざまな職場から薬剤師が求められるようになっており、しかも職場によって求められる役割や業務内容がまったく異なることもあります。別の職場へ転職したらこれまで培ってきた知識やスキルがまったく役に立たない、というケースも珍しくなくなっているのです。

一方でワークライフバランスが求められている面もあります。薬剤師の人手不足を解消するため、子育て支援などを充実させる施設・企業も増加しており、女性薬剤師が育児と両立させながら働ける職場を見つけやすくなっているのです。これまで女性薬剤師は結婚・出産による離職でキャリアが中断してしまうのが一般的でしたが、現在では転職や復職などを通してキャリアを継続しながら家庭生活との両立を図っていくことができる時代になっているのです。ですから将来的な結婚・出産も視野に入れたうえで早い段階でキャリアデザインを組み立てていけば10年、20年といった長いスパンでキャリアを考えていくことも可能です。

こうして見ても薬剤師のキャリアデザインがいかに重要かがわかるというものですが、ではいざ自分のキャリアデザインを行ってみよう、と思ってもなかなか何からはじめたらよいのか難しい部分もあります。自分の適性や希望・理想はもちろん、薬剤師を巡る業界の事情を把握しておく必要もあるからです。医薬分業の推進、ドラッグストア市場の拡大、さらには美容・健康ブームの影響による化粧品・食品メーカーから薬剤師の需要の増加…このように時代の変化によって薬剤師の就職・転職先に大きな影響が及ぶケースもあります。せっかく組み立てたキャリアデザインも3年後には通用しなくなっている、といったことも起こりえます。そうした変化に振り回されないためにもできるだけ最新の動向を確認したうえでキャリアを検討していくためにもできるだけ情報収集を幅広く行っていく、できれば第三者のアドバイスを受けるといった対策も取り入れていきたいところです。


Copyright (C) 2016 薬剤師キャリアデザインナビ All Rights Reserved.